東北学院高校野球部甲子園夏メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督と注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

宮城県の東北学院高校が、夏の甲子園出場の切符を手にしました。

東北学院高校は春夏通じて初の甲子園出場です。

今回は、 東北学院高校 野球部甲子園夏2021メンバーと出身中学(シニア)、さらには監督と注目選手も紹介します。

スポンサーリンク

目次

東北学院高校野球部甲子園夏2021メンバーと出身中学(シニア)

スクロールできます
守備名前(学年)出身中学/シニア
伊東 大夢(3年)宮城黒松利府リトルシニア
加藤 翔也(3年) 宮城臨空リトルシニア
木村 颯汰(3年) 仙台泉ボーイズ
今野 隼翔(3年) 東北学院中
大洞 雄平(3年) 仙台宮城野リトルシニア
武田 修弥(3年) 仙台南リトルシニア
山田 将生(3年) 東北学院中
今野 孝多朗(3年) 東北学院中
及川 健成(3年) 仙台宮城野リトルシニア

上記メンバーは、7月23日の宮城大会決勝戦のメンバーです。

監督渡辺 徹
主将

東北学院高校野球部 監督

東北学院高校野球部の監督は、渡辺 徹氏です。

俳優の渡辺 徹さんと同姓同名ですね(笑)

渡辺監督は、東北学院高校(1986年-1988年)のOBです。

高校卒業後は亜細亜大学(1989年-1992年)に進みました。

渡辺監督は、東北学院高校監督就任27年目で初の甲子園へ行きを決めました。

スポンサーリンク

東北学院高校野球部 注目選手

東北学院高校の注目選手は、エースで4番の 伊東 大夢 (いとう だいむ)選手です。

伊東選手は、187cm/87kgの巨漢から投げる140キロ前後の角度のあるストレートは威力があります。

また4番打者としても、力強い打球を飛ばしチームの勝利に貢献してきました。

そして伊東選手は、今大会で最優秀選手に選ばれました。

東北学院高校 野球部メンバー2021と出身中学&監督と注目選手 のまとめ

今回は、春夏通じて初の甲子園出場を決めた宮城県代表の 東北学院高校野球部メンバー2021と出身中学、さらには監督と注目選手についても調べてみました。

東北学院高校は、野球部創部50年にして初の甲子園出場を勝ち獲りました。

ここに来るまで半世紀、地元や学校関係者の方々の喜びもひとしおではないでしょうか。

ただここで終わりではなく、次は甲子園初勝利ですね!

甲子園での東北学院高校の活躍に注目しましょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク



コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる