盛岡大附属高校野球部甲子園夏メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督と注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

「全国高等学校野球選手権大会」岩手県代表は4年ぶり11回目の出場を決めた盛岡大附属高校です。

今回は、盛岡大附属高校野球部甲子園夏メンバー2021と出身中学(シニア)、さらには監督と注目選手も紹介します。

スポンサーリンク

目次

盛岡大附属高校野球部甲子園夏メンバー2021と出身中学(シニア)

守備 名前(学年)出身中学/シニア
渡邊翔真(3年)埼玉・狭山台中学校/武蔵狭山ボーイズ
田屋瑛人(3年)岩手・見前中学校/盛岡東シニア
金子京介(3年)東京・和田中学校/町田ボーイズ
南早羽己(3年)大阪・大正西中学校/大正ボーイズ
松本龍哉(3年)福島・大東中学校/郡山ボーイズ
佐々木一晃(3年)岩手・滝沢第二中学校/滝沢いわてシニア
新井流星(3年)埼玉・大東西中学校/武蔵狭山ボーイズ
大貫鉄生(3年)宮城・秋保中学校/南仙台ボーイズ
小針遼梧(3年)福島・矢吹中学校/郡山ボーイズ

上記メンバーは、7月24日の岩手県大会決勝、花巻東戦のメンバーです。

監督関口清治
主将田屋瑛人

盛岡大附属高校野球部 監督

盛岡大附属高校野球部の指揮を執るのは、同校OBの関口清治監督です。

現役時代の関口監督は、捕手で副主将でした。

高校3年時には、春夏初の甲子園出場を果たしました。

高校卒業後は、東北福祉大学に進学し野球を続けますが、3年生の時に肘を故障して現役生活に終止符を打ちます。

その後は指導者としての道を歩み、2008年から盛岡大附属の監督に就任しています。

スポンサーリンク

盛岡大附属高校野球部 注目選手

盛岡大附属高校野球部の注目選手は、ブロも注目しているドラフト候補の金子京介(3年)選手です。

この夏の岩手県予選では、5試合連続本塁打を放ち”東北の大砲”を見せつけました。

金子選手については、詳しくは下記の記事に書きましたので、よろしければ合わせてご覧ください。
↓↓

盛岡大附属高校野球部メンバー2021と出身中学&監督と注目選手 のまとめ

今回は、4年ぶり11回目の出場を決めた岩手県代表の盛岡大附属高校野球部のメンバー2021と出身中学、さらには監督と注目選手についても調べてみました。

盛岡大附属は4日目(12日)第4試合に登場します。

対戦相手は、初出場の茨木県代表は鹿島学園高等学校です。

鹿島学園高校については、下記の記事をご覧ください。
↓↓

コロナ禍での開催でありますが、両校素晴らし試合を期待しています。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる