明桜高校野球部甲子園夏メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督と注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

秋田の明桜高校が4年ぶり10回目の甲子園行きを決めました。

ベイスターズの砂田毅樹投手や、ロッテの山口航輝選手は明桜高校のOBです。

今回は、明桜高校野球部甲子園夏2021メンバーと出身中学(シニア)、さらには監督と注目選手も紹介します。



スポンサーサイト

目次

明桜高校野球部甲子園夏2021メンバーと出身中学(シニア)

スクロールできます
守備名前(学年)出身中学(シニア)
風間 球打(3年)塩山(笛吹ボーイズ)
中井 稜貴(3年)  津久野 (泉州阪堺ボーイズ)
真柴 育夢 (3年) 香芝西(泉州阪堺ボーイズ)
石田 恋(2年)高鷲(藤井寺ボーイズ)
渡邊 勇伸(3年) 桜(秋田リトルシニア)
石田 一斗(3年)高鷲(藤井寺ボーイズ)
土居 健太 (3年) 小阪(ナガセボーイズ)
福溜 洸太朗(3年) 小津(大阪和泉ボーイズ)
上山 優和(2年)  御坊(和歌山日高ボーイズ)
監督 輿石 重弘
主将中井 稜貴

明桜高校野球部 監督

明桜高校の輿石 重弘監督は、山梨県の 都留高校(1979年-1981年)に入学しました。

現役時代のポジションは内野手です。

都留高校を卒業後は、明治大学(1982年-1985年)に進学しました。

2009年からは帝京第三高校の監督に就任し、2016年まで指揮を執り翌2017年から明桜高校の監督に就きました。

スポンサーリンク

明桜高校野球部 注目選手

明桜高校野球部の注目選手は、 プロも注目している風間 球打(かざま きゅうた)投手(3年)です。

今大会(秋田大会)準々決勝の秋田高戦では、自己最速の157キロをマークしました、

風間投手は、中学3年時に最速135キロを出し、 明桜高校では1年生から先発のマウンドに上がり、ステップアップで球速を上げてきました。

風間投手の武器は、右腕から繰り出す150キロ台の直球と変化球はスライダーとフォークですが、新たにカーブとチェンジアップも習得しています。

一部からは、「みちのくの怪物」と言われ、今秋のドラフト上位指名も現実となりそうです。

明桜高校 野球部メンバー2021と出身中学&監督と注目選手 のまとめ

今回は、4年ぶり10度目の夏の甲子園出場を決めた秋田県代表の 明桜高校野球部メンバー2021と出身中学、さらには監督と注目選手についても調べてみました。

エースの風間投手には、甲子園本番でもプロの注目の目が注がれるでしょう。

西武ライオンズの渡辺GMは、次のように風間投手について語っています。

球の強さは今年の高校生の中でも1、2を争うような印象を受けている。

身体能力が高いし、何よりも走っている姿がいい。それがいいピッチャーに大成する可能性がある。

これからまだまだ伸びてくるし、将来が楽しみ。

日刊スポーツ より


甲子園での 明桜高校ならびに風間投手の活躍に注目ですね!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク






コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる