横浜創学館高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督&注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

「第103回全国高校野球選手権神奈川大会」も残り1試合を残すだけになりました。

決勝戦のカードは、

横浜高校 VS 横浜創学館高校 

なんと、横浜市金沢区ダービーになりましたね!



今回は、横浜創学館高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)、さらには注目選手も紹介します。


スポンサーリンク

目次

横浜創学館高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)

スクロールできます
守備名前(学年)出身中学(シニア)
山岸 翠(3年)浦賀(横須賀ボーイズ)
井上 洸太(3年) 池上(横浜港ボーイズ)
長井 俊輔 (3年) 笹下(横浜中ボーイズ)
光岡 幸成(3年) 小田(中本牧リトルシニア)
仲田 裕南 (3年) 若草(町田ボーイズ)
森 陽生(3年) 富岡(横浜港ボーイズ)
齋藤 慶太朗(3年) 松林(藤沢リトルシニア)
倉谷 快誓 (3年) 六ツ川(戸塚リトルシニア)
岡本 翼 (3年) 海老名有馬(神奈川綾瀬リトルシニア)
監督森田 誠一
主将長井 俊輔

横浜創学館高校野球部 監督

横浜創学館高校野球部の森田誠一監督は、横浜高校出身(1980年-1982年)です。

森田監督が1年生の時に、横浜高校は夏の甲子園で全国制覇しています。

そして翌年の夏にも甲子園へ出場していますが、この時は2回戦で敗退しています。

森田監督の現役時代のポジションは内野手でした。

森田監督は、日本体育大学に進学し、その後は1991年から横浜商工の監督を2002年まで務めていました。

横浜創学館の監督には、2003年から就任しています。

くしくも決勝戦では、母校の横浜高校と対戦します。

横浜創学館高校野球部 注目選手

横浜創学館高校野球部の注目選手は、プロも注目している右腕の山岸 翠(あきら)投手です。

山岸投手は最速149キロの直球をメインに、2種類のスライダーを駆使してピッチングを組み立ています。

今大会でも三振の山を積み上げてきました。



準決勝の慶応戦後、山岸投手は、対横浜高校戦について以下のように答えています。

「チャレンジャーの気持ちで逃げずに投げていきたいと思います」

スポンサーリンク

横浜創学館高校野球部メンバー2021と出身中学、監督&注目選手 のまとめ

今回は13年ぶりに決勝戦に進出する横浜創学館高校について、メンバーの出身中学(シニア)さらには監督、注目選手について調べました。

今秋のドラフト候補でもある山岸投手が、どこまで横浜高校の強力打線を抑えられるか注目です。

春夏を通して、初の甲子園出場になるか?

注目の一戦です。

決勝戦の実況中継については、下記の記事に詳しく書きました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる