佐々木麟太郎のホームラン数がスゴイ!愛称は和製ボンズ!!

画像は本記事とは関係ありません。

昨日、神宮球場で行われた「第52回明治神宮大会 高校の部」で、花巻東高校佐々木麟太郎選手が高校通算48号となるソロホームランを弾丸ライナーで右翼席へ放ちました。

佐々木選手の何がスゴイかと言えば、まだ1年生で既に48本のホームランを打つていることです。

そこで今回は、「佐々木麟太郎のホームラン数がスゴイ!愛称は和製ボンズ!!」ということで、花巻東高校の佐々木麟太郎選手について調べてみました。

スポンサーサイト

目次

佐々木麟太郎のホームラン数がスゴイ!

花巻東高校といえば、ロサンゼルスエンジェルスの大谷翔平選手の母校ですね。

その大谷選手の後輩である佐々木麟太郎選手も、先輩のMVP受賞に刺激されたのでしょうか?大活躍しています。

佐々木選手がスゴイのは、1年生でありながら高校通算48本のホームランを打つていることです。

元日本ハムの清宮幸太郎選手は、早稲田実業時代の1年時は22本のホームランを打つています。

清宮選手の22本もスゴイのですが佐々木選手は、その倍以上のホームランを放っています。

清宮選手は高校通算最多の111本のホームラン数を記録していますが、佐々木選手がこの調子を維持していけば、高校生最多ホームラン数の記録更新が視野に入りまよね。

スポンサーサイト

佐々木麟太郎 愛称は和製ボンズ!!

身長183cm/体重117kgの大柄な体格の佐々木麟太郎選手の愛称は、”和製ボンズ”です。

ボンズ選手とは、史上最多通算762本塁打を放つたメジャーリーガーのバリーボンズ選手のことです。

佐々木選手は、YouTubeを見てボンズ選手の打撃ホームを研究しているそうです。

もしかしたら、下記の動画も見ているかもしれませんね( ´∀` )

佐々木麟太郎 プロフィール

名前佐々木 麟太郎 (ささき りんたろう)
生年月日2005年4月18日
出身地岩手県北上市
身長/体重183cm/117kg(右投左打)
家族両親、妹
父親は花巻東高校監督の佐々木洋氏

佐々木麟太郎選手は幼少期から野球を始めています。

小学1年生になると「江釣子ジュニアスポーツ少年団」でプレーし、江釣子中学では大谷翔平選手の父が監督を務める「金ヶ崎リトルシニア」に所属していました。

花巻東高校に進学すると、今年の春からベンチ入りしています。

まとめ

今回は、「佐々木麟太郎のホームラン数がスゴイ!愛称は和製ボンズ!!」ということで、花巻東高校の佐々木選手について調べてみました。

佐々木選手の背番号は、当初は花巻東高校のOBで現メジャリーガーである菊池雄星選手と大谷翔平選手がつけていた「17」でしたが、この秋から「3」をつけています。

佐々木選手はまだ1年生です。

まだまだ進化すること間違いなし!ですね。

今後の活躍が楽しみです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる