川和高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督と注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

17日の麻布大付属との3回戦に7回コールド勝ちした川和高校は、20日(火)に保土ヶ谷球場で東海大相模と戦います。

ご存じの通リ春の選抜で全国制覇をした東海大相模は、今大会の最有力優勝候補です。

川和高校は県立高校の星☆として、頑張ってもらいたいです。

そこで今回は、川和高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)と、監督と注目選手について紹介します。

スポンサーリンク

目次

川和高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)

スクロールできます
守備名前(学年)出身中学(シニア)
(投)吉田 悠平(3年)井田(横浜緑リトルシニア)
(捕)祇園 尚大(3年)大綱
(一)佐伯 俊哉(3年)東鴨居
(二)荒畑 諒人(3年) 茅ケ崎(横浜都築リトルシニア)
(三)青柳 知樹(2年)神奈川
(遊)新蔵 大雅(3年)犬蔵
(左)斉藤 遥紀(3年)東鴨居
(中)浦山 倖(3年)都岡
(右)三枝木 優太(2年)汐見台
監督伊豆原 真人
主将新蔵 大雅

川和高校野球部 監督

川和高校野球部の伊豆原 真人監督は、愛知県の瑞陵高校から信州大学に進み、2010年から神奈川県立相模大野高校野球部の部長、監督を経て、2013年から川和高校で野球部の指揮を執っています。

スポンサーリンク

川和高校野球部 注目選手

川和高校の注目選手は、183cmの荒畑 諒人選手(3年)と吉田 悠平選手(3年)です。

両選手のバッティングの打球速度は、強豪私学の主力打者レベルに匹敵しています。

荒畑選手は、春の県大会2回戦(対日大藤沢戦)ではソロホームランを放っています。

全国高校野球選手権神奈川大会 過去5年の成績

年度成績対戦高校
2016年3回戦平塚江南(6-9)
2017年4回戦相洋(0-7)
2018年2回戦川﨑北(0-2)
2019年2回戦湘南工大付(1-2)
2020年4回戦横浜商(0-5)

※2020年は新型コロナウイルス拡大のため中止。神奈川県高野連主催の「代替・独自大会」

川和高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)監督&注目選手 のまとめ

今回は、川和高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)、さらには監督&注目選手についても調べてみました。

川和高校は、県下屈指の進学校です。

進学校でありながら、野球部部員数も少なくはなく勉強と野球の両立を目指しています。

20日の試合は、川和高校野球部にとってこの夏の大一番となるでしょうが、公立の星☆として旋風を引き起こしてもらいたいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク


コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる