相洋高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)は?監督&注目選手も紹介!

画像は本記事とは関係ありません。

相洋(そうよう)高校は、昨年夏の県高野連主催の代替大会で決勝戦まで進み、惜しくも東海大相模に5-9で敗れました。

今年は初優勝を目指すべく、その活躍が注目されています。

今回は、相洋高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)、さらには注目選手も紹介します。



スポンサーリンク

目次

相洋高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)

この記事を執筆しているのは「第103回全国高校野球選手権神奈川大会」開幕前なので、今春のメンバーを参考にします。

守備名前(学年)出身中学(シニア)
(左)渡邊 怜斗(1年)オセアン横浜ヤング
(一)﨑元 涼介(3年)湘南ボーイズ
(遊)二宮 功磨(3年)小田原足柄リトルシニア
(三)笠間 泰生(3年)伊勢原リトルシニア
(補)石澤 憲太(2年)秦野リトルシニア
(右)本多 立幹(1年) オセアン横浜ヤング
(中)田中 健輔(2年)
(投)谷 祥太(3年)
(二)櫻木 建太(2年)
監督高橋伸明
主将二宮 功磨

相洋高校野球部 監督

相洋高校野球部監督は、高橋伸明氏です。

高橋監督は、1984年生まれで相洋高校野球部のOBです。

現役時代のポジションは投手です。

同校を卒業後は、専修大学に進み2013年から野球部監督に就任しました。

スポンサーリンク

相洋高校野球部 注目選手

相洋高校の注目選手は、キャプテンの二宮 功磨選手です。

二宮選手はスピードとパワー、強肩を兼ね備えた走攻守全てにおいてレベルの高い選手です。

さらに、春の大会で抜擢された一年生コンビ、渡邊 怜斗選手と本多 立幹も夏の大会でも注目です。

全国高校野球選手権神奈川大会 過去5年の成績

スクロールできます
年度成績対戦高校
2016年1回戦秦野曽屋(2-3)
2017年準々決勝(ベスト8)横浜(1-9)
2018年3回戦横浜創学館(1-8)
2019年準々決勝(ベスト8)東海大相模(2-5)
2020年決勝(準優勝)東海大相模(5-9)

※2020年は新型コロナウイルス拡大のため中止。神奈川県高野連主催の「代替・独自大会」

夏の大会は2年連続で東海大相模に負けています。

今年こそは東海大相模を破り甲子園の切符を手に入れたいところですね。

相洋高校野球部メンバー2021と出身中学(シニア)監督&注目選手 のまとめ

今回は、昨年夏の代替大会で準優勝した相洋高校について調べました。

相洋高校は、新チームを結成した昨年秋以降、劇的な逆転勝ちを3回も起こしました。

今年の春の湘南学院との4回戦では、1対8でゴールド負けが脳裡によぎる7回裏の攻撃に6得点を取り、さらに8回裏に同点、そして9回裏に﨑元 涼介選手のレフトへのサヨナラ打で勝利しました。

この夏も最後まで諦めない粘り強い戦いに期待しています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる