ピープルズ年棒2021とグローブはどこのメーカー?

画像は本記事とは関係ありません。

ベイスターズに入団して2年目の外国人投手マイケル・ピーブルズ選手の活躍が期待されています。

今回はピーブルズの年俸2021と使用しているグローブのメーカーについて調べてみました。

目次

ピープルズの年棒2021は?

年度年俸(推定)
2020年3,500万
2021年4,300万

ピープルズの年俸2021は、昨シーズンから+1,300万アップの4,300万です。

昨シーズンのピープルズ投手の成績は、10試合登板して2勝2敗、防御率4.97でした。

ピープルズ投手の球種や球速、プロフィールに関しては下記の記事に書きました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓

ピープルズのグローブはどこのメーカー?

ピープルズ投手の手元が映ると、「44」という数字のグローブが目に留まります。

プロ野球選手(日本人)が使用するグローブといえば、ミズノやZEET、wilsonなどが有名ですね。

「44」と書かれたグロープはあまり見たことがありませんでした。



そこで、どのメーカのグローブか調べた結果、アメリカのサンマルコス(カリフォルニア州)にある「44Pro Gloves」というメーカーのグローブだと分かりました。

「44Pro Gloves」は、個々の選手にあわせてカスタマイズするグロープを作るメーカーのようで、多くのメジャーリーガーが使用しています。

残念ながら日本では代理販売しているメーカーはなく、手に入れるとしたらネットで直接「44Pro Gloves」にオーダーするしかなさそうです。



ピープルズ年棒2021とグローブのメーカー のまとめ

アメリカの「44Pro Gloves」のグロープを使用しているピープルズ投手。

今季の年棒は昨シーズンから1,300万増の4,300万(推定)でした。

ピープルズ投手は、5月3日の対中日戦で今季初登板し、6回無失点の好投をしてチームの勝利に貢献しました。

今季のベイスターズは開幕から先発投手陣の不調で現在、最下位の苦しい状況です。

この状況を打破するためにも、ピープルズ投手の活躍には期待せずにはいられません。


ただ悩ましいのは、外国人登録枠の問題です。

今季の外国人登録は5人まで。

そのうちベンチ入りできるのは4人です。

ベイスターズの場合、野手のソト選手、オ―スティン選手、そして剛腕左腕のエスコバー投手は外すことができません。

そうすると残り1名しかペンチには入れません。

ピープルズ投手以外にも、シャッケルフォード投手もいます。

さらには今後、ロメロ投手も頭角を現してくるでしょう。

このあたり三浦監督の起用方法にも注目ですね!




シャツケルフォート投手とロメロ投手についても記事を書きました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓

以上、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる