フェルナンド・ロメロの球種や球速は?

フェルナンド・ロメロ投手の球種や球速は?【DeNA新外国人】
画像は作品とは関係ありません。

横浜DeNAベイスターズの新助け人は、元ツインズのフェルナンド・ロメロ投手です。

今回は、フェルナンド・ロメロの球種や球速について調べてみました。

目次

フェルナンド・ロメロのプロフィール

スクロールできます
名前Fernando Ernesto Romero Peralta
フェルナンド・エルネスト・ロメロ・ペラルタ
国籍ドミニカ共和国
生年月日1994年12月24日(26歳)
身長/体重182.9㎝/97.5㎏
ポジション投手(右投/右打)
経歴ミネソタ・ツインズ(2018 – 2019)
横浜DeNAベイスターズ(2021 – )

ロメロ投手は、2011年にメジャーリーグのミネソタ・ツインズと契約してプロ入りします。

ただし、すぐにはメジャーに昇格することはなく、ケガや不調の影響でメジャーリーグの下部組織であるマイナーリーグで実戦を積み重ねていました。

メジャーに昇格しデビューしたのは、2018年5月2日のトレント・ブルージェイズ戦でした。

先発でマンドに上がり、5.2回を無失点で抑えメジャー初勝利を飾りました。

2018年は、先発投手として11試合に登板して3勝、翌2019年にはリリーフに転向して15試合に登板しています。

その後、2020年の昨シーズンは、米国の就労ビザの関係で入国出来ず、その後も就労ビザの再取得が出来ず、メジャーで投げることなくオフシーズンに自由契約となりました。

ベイスターズは自由契約となったロメロ投手を、年棒7,500万(推定)で獲得したと12月に発表しました。

フェルナンド・ロメロの球種や球速は?

フェルナンド・ロメロ投手の球種の特徴は、球速150km/h超シンカーを多用していることです。

シンカーとは、ストレートの一種で、直球の軌道から投手の利き腕方向に曲がりながら落ちるボールです。

ピッチングの組み立ても、全体の約6割はシンカーを投げています。

そして次に多いのは、球速140km/h台スライダーで、決め球として投げていました。

メジャー通算63奪三振のうち37個はスライダーで決めいます。

まとめ

今回は、今季からベイスターズの新外国人投手として加入したフェルナンド・ロメロ投手の球種や球速について調べました。

ロメロ投手は、速い球でゴロを打たせてアウトを取る印象があります。

ベイスターズでは先発で起用されるか、中継ぎで起用されるか分かりませんが、個人的には先発で起用した方がいいのかと思っています。

中継ぎ陣は、国吉、池谷、砂田、伊勢、山崎、三島と調子がいいので、戦力が手薄な先発陣を強化するのが課題ではないでしょうか。

フェルナンド・ロメロ投手がベイスターズの助け人となってくれることを期待しましょう!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる