三浦大輔の嫁はアナウンサー?馴れ初めや内助の功が立派!!

プロ野球選手と言えば、アナウンサーとお付き合いしたり、結婚する印象が強いですね。

直近のベイスターズの選手では、神里和毅選手とフジテレビの堤礼実アナウンサーの熱愛報道が写真週刊誌にスクープされました。

そこで”ハマの番長”こと三浦大輔監督の嫁さんも、アナウンサーや芸能人なのでしょうか?

今回は三浦大輔監督の嫁さんについて、二人の馴れ初めや内助の功のエピソードについて調べてみました。

目次

三浦大輔のプロフィール

まずは、今シーズンから横浜DeNAベイスターズの指揮を執る三浦大輔新監督のプロフィールから。

スクロールできます
名前三浦大輔(みうら だいすけ)
生年月日1973年12月25日
出身奈良県橿原市
身長/体重183cm/88kg
最終学歴大和高田市立高田商業高校
ドラフト6位指名(1991年ドラフト)
背番号18(現役、コーチ、2軍監督)、81(1軍監督)
通算成績172勝184敗
年棒推定7,000万(2021年監督就任時)

三浦大輔の嫁はアナウンサー?

結論を先に言うと、三浦大輔監督の嫁さんはアナウンサーではなく一般の方です。

三浦監督の奥様は、高田商業高校の2学年先輩です。いわゆる姉さん女房です。

もしかして、野球部のマネージャー?

と一瞬、私は思いましたが、違いました。

三浦監督の奥様は陸上部に所属していました。

二人の馴れ初めは?

三浦監督と奥様との馴れ初めが気になります。

高校時代は、野球部と陸上部で挨拶を交わす程度の間柄だったそうです。

二人の仲が急接近したのは、三浦監督がプロ入りして奈良から大洋ホエールズ(当時)の寮がある横須賀に移り住んでからです。

なんと!奥様の方から三浦監督に手紙を出し、そこから連絡を取り合う仲となり交際へと発展しました。

そして三浦監督がプロ4年目のオフシーズンに結婚されました。

嫁の内助の功

三浦監督が現役生活を25年間も続けられたのは、嫁の”内助の功”なくしてはありえません。

現役時代の三浦投手は、1995年に肝機能障害を発症してしまいます。

その時、奥様はしじみ等肝臓にいい食材を取り入れた食事や、バランスのいい食事を食卓に並べて体調の管理をサポートしてくれました。

また、成績不振で”引退”を考えるようになった三浦投手に対して、

「そんな三浦大輔は見たくない、このまま終わっていいの?」

と、げきを飛ばし、現役を続行して復活したエピソードがありました。

このように、プロ野球選手が長く現役を続ける絶対条件は、奥様や家族の支えが必要だということですね。

三浦大輔の嫁の画像は?

長年にわたり三浦監督を支えてきた奥様のお顔を拝見したいと思いましたが、一般人であるので画像は見つかりませんでした。

但し、2016年の引退試合後のセレモニーで、奥様やお子様達が花束を贈呈するシーンがYouTubeに残っていました。

著作権の都合上、動画を貼ることは控えますので、関心がある方は下記をクリックして確認してください。

20:00~ご家族登場
↓↓↓
ハマの番長 三浦大輔 引退セレモニー

まとめ

今シーズンもプロ野球が開幕しました。

三浦新監督には、”内助の功”を発揮するステキな奥様がいることが分かりました。

これから長いシーズンを戦う中で、さまざまな試練が訪れると思いまが、その時は奥様がゲキを飛ばしてくれるでしょう( ´∀` )

今年こそは優勝目指して、私達ファンも全力でベイスターズを応援します!

三浦監督については、下記の記事も下記ました。

よろしければ、あわせてお読みください。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる