三浦大輔の年棒は?他球団の監督の年棒は?

三浦大輔監督の年棒は?他球団の監督の年棒も調査!!
画像は作品とは関係ありません。

2021年の横浜DeNAベイスターズの指揮をとるのは、”ハマの番長”こと三浦大輔新監督です。

選手たちの推定年棒は、契約更新時にスポーツ新聞やネット上に情報が流れるので目にする機会がありますが、監督の年棒はあまり知られていません。

そこで今回は、三浦大輔監督の年棒と、さらには他球団の監督の年棒も調べてみました。

目次

三浦大輔の年棒は?

2021年シーズンの三浦大輔監督の年棒は、2年契約で推定7,000万です。

前任のラミレス監督も推定7,000万円ということなので、7,000万円は、DeNAの監督相場なのでしょうか。

三浦新監督は、昨シーズンは2軍監督を務めていましたが、その時の推定年棒は1,800万円と言われています。

1軍の監督となって、約4倍ほど跳ね上がりましたね。

ちなみに、ベイスターズの開幕戦のスターティングメンバ―の推定年棒は、以下の通リです。

スクロールできます
選手(ポジション)推定年棒(万円)
濵口遥大(投手)5,500
嶺井博希(捕手)3,000
牧秀悟(一)※ルーキー 1,300
田中俊太(二)1,700
宮崎敏郎(三)17,000
柴田竜拓(遊)5,500
関根大気(右)980
桑原将志(中)4,900
佐野惠太(左) 7,000

三浦監督と、昨年の首位打者でありキャプテンの佐野惠太選手とは同じ年棒であることに、少し驚きですね( ´∀` )

佐野選手は、昨シーズンはキャプテンという重責を立派に果たし、さらには首位打者も獲得したので、1億円の大台に乗っても不思議ではないと思います。

ただ昨年は、コロナの影響で主催試合数や観客動員数が減っているので、親会社DeNAの懐事情が苦しかったのかもしれませんね。

\ 同じ年棒(推定)の二人。仲良く必勝祈願 /

他球団の監督の年棒は?

三浦大輔監督の7,000万という年棒は、他の球団の監督に比べて高いのか?それとも安いのか?

興味があつたので調べてみました。

スクロールできます
球団名監督名推定年棒(万円)
巨人(セ)原辰徳20,000
中日(セ)与田剛15,000
日本ハム(パ)栗山英樹11,000
阪神(セ)矢野燿大10,000
ソフトバンク(パ)工藤公康10,000
楽天(パ)石井一久10,000
ヤクルト(セ)高津臣吾8,000
ロッテ(パ)井口資仁8,000
西武(パ)辻発彦7,000
オリックス中嶋聡 7,000
DeNA三浦大輔7,000
広島佐々岡真司6,000



やはり、巨人!さすがに読売グループは資金力があるので原監督の年棒は頭一つ突き出ていますね。

そして、4年連続で日本一になったソフトバンク。

球界一の資金力があるはずなのですが、工藤監督の年棒は一億円であるのは意外でした。

我らが三浦監督は、広島の佐々岡監督に次ぐ少なさの7,000万円。

球団としても豊富な資金力はあるわけではないので、さらには監督として初年度なので打倒な金額なのかもしれませんね。

最後に

スタジアムの入場者数の上限は制限されていますが、3月26日に無事に開幕しました。

通常の試合数で交流戦も行われる予定です。

昨年に比べれば、球団への収益も増えるはずです。

その為には、ベイスターズが勝ち続けて、多くのファンが横浜スタジアムへ応援に来ることが必要です。

開幕から2連敗ですが、今シーズンは始まったばかりです。

優勝を信じて、全力でベイスターズ、そして三浦大輔監督を応援します!

ヨロシク!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


三浦監督については、下記にも記事を書きました。

よろしければ、あわせてお読みください。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる