XYDBベイスターズ10周年ファンが選ぶベストゲーム!

XYDBベイスターズ10周年ファンが選ぶベストゲーム!
画像は本記事とは関係ありません。

今シーズン、選手や監督、コーチが着用しているウェアに刻まれている”XYDB”の意味分かりますか?

答えは、下記の記事に書いていますので、よろしければお読みください。
↓↓↓

それはさておき、ベイスターズはTBSからDeNAにオーナーが移り、今季は10周年のシーズンとなりました。

先日、朝日新聞がウエブ上で「横浜DeNAベイスターズ ファンが選ぶベストゲーム」のアンケートを実施していました。

その結果が興味深かったので、こちらのブログでも紹介します。

目次

XYDBベイスターズ10周年 ベストゲーム

<出典:朝日新聞 5月13日付朝刊より>

スクロールできます
順位試合日結果
12017年8月22日D6 × 広5
22013年5月10日D12 × 巨10 
32016年10月10日D4 × 巨3
42019年4月29日D5 × 巨3
52017年8月24日D5 × 広4
62016年9月29日D6 × ヤ11
72013年10月8日D7 × 阪5
82017年10月24日D9 × 広3
92019年9月19日D11 × 広8
102017年10月15日D13 × 阪6

1位 2017年8月22日 対広島戦

この試合が第1位に選ばれるのは文句ないですよね。

筒香、ロペス、宮﨑と3者連続ホームラン、そして3夜連続のサヨナラ勝ちと、まさにミラクルな勝利でした。

2位 2013年5月10日 対巨人戦

動画
↓↓

2013.5.10 7点差からの大逆転劇!マシンガン打線

7回時点で巨人と7点差。

多村仁志選手の2本のホームランで奇跡のサヨナラ勝ち!!

サヨナラ勝ちを決めた瞬間、中畑監督が選手と同じように大喜びしていた姿が印象的でした。

3位 2016年10月10日 対巨人戦

この試合はベイスターズが初めてクライマックスシリーズに出場して、この試合で巨人を破り広島とのファイナルステージに進むことになった試合ですね。

4位 2019年4月29日 対巨人戦

当時野手で最年長だった石川雄洋選手が2年ぶりの本塁打で、連敗を10で止めた試合です。

5位 2017年8月24日 対広島戦

この試合は代打ゴメス選手(後藤武敏)が適時二塁打を放ち、3夜連続のサヨナラ勝ちをした試合です。

6位 2016年9月29日 対ヤクルト戦

横浜一筋25年、ハマの番長こと三浦大輔投手(現監督)の引退試合です。

試合は残念ながら負けてしまいましたが、ベイスターズファンには忘れられない一戦です。

7位 2013年10月8日 対阪神戦

動画
↓↓

DeNA小池正晃の引退試合! 最後の試合で2本のホームランを含む3安打!同期の後藤も涙! 

松坂世代の小池選手(現ベイスターズコーチ)

横浜高校時代は、松坂選手(現西武)、後藤選手(現楽天コーチ)と共に甲子園春夏連覇を達成。

引退試合では2本の本塁打を放ち、惜しまれながら現役生活にピリオドを打つた試合でした。

8位 2017年10月24日 対広島戦

史上最大の下剋上と言われた、レギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズ(ファイナルステージ)で広島を破り、日本シリーズ進出を決めた試合ですね。

9位 2019年9月19日 対広島戦

広島に7点差をつけられた6回から、ソト選手の3ランと梶谷選手(現巨人)の満塁ホームランで劇的なサヨナラ勝利をした試合です。

10位 2017年10月15日 対阪神戦

クライマックスシリーズ1stステージ雨の甲子園、筒香選手が打席で尻もちをつき泥んこになったシーンは印象に強く残っています。

XYDBベイスターズ10周年ファンが選ぶベストゲーム のまとめ

今回は朝日新聞さんがウェブ上でアンケートを実施して、ファンが選ぶベストゲームを発表してくれました。

どれも劇的で、さらには感動と歓喜した試合の数々ですね。

残念ながら今季のベイスターズは、歓喜どころか悔しい思いの連続です。

5月25日からは交流戦がスタートします。

エースの今永投手も復帰後初の登板予定です。

ここから反撃の狼煙を上げ、劇的勝利の連続を期待せずにはいられません。

がんばれベイスターズ!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる