徳山壮磨DeNAドラフト2位指名の球速球種は?

画像は本記事とは関係ありません。

早稲田大学の徳山壮磨投手がドラフト会議2021で、横浜DeNAベイスターズから2位指名を受けました。

そこで今回は、徳山投手の急速球種を調べてみました。



スポンサーサイト

目次

徳山壮磨DeNAドラフト2位指名のプロフィール

まずは徳山壮磨投手のプロフィールから。

名前徳山壮磨(とくやま そうま)
生年月日1999年6月6日
出身地兵庫県
身長/体重183cm/82kg
ポジション投手(右投右打)
学歴明石市立高岡中学校
大阪桐蔭高等学校
早稲田大学

徳山壮磨投手は、高岡中学時代は兵庫夢前クラブでプレイして、高校は大阪桐蔭高校へ進みました。

2年生の秋からエースとしてマウンドに上がり、3年生の春の選抜高校野球では全5試合に登板して優勝を果たしています。

早稲田大学では投球フォームを崩し苦しむが、この秋のリーグ戦では体の開きを修正して復調しました。

大学通算33試合8勝4敗、防御率2.07

スポンサーサイト

徳山壮磨DeNAドラフト2位指名の球速球種

徳山壮磨投手に最速は、

151kmのストレートです。

球種は、切れのあるスライダーフォーク、そして縦に鋭く落ちるカーブを駆使してピッチングを組み立てています。

徳山壮磨DeNAドラフト2位指名の球速球種 のまとめ

今回はベイスターズから2位で指名を受けた早稲田大学の徳山壮磨投手について、球速と球種について調べました。

昨年のドラフトに続き上位では投手を指名してきたベイスターズ。

今年は1位を高校生の小園健太投手を指名しました。

小園健太投手は、将来のベイスターズのエースとなれる人材なので、じっくり育ててもらいたいですね。

そして徳山壮磨投手は、即戦力として来季のローテーションに入り活躍を期待したいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる