宮﨑敏郎FAシーズンオフに行使するのか?

画像は本記事とは関係ありません。

”ハマのプーさん”の愛称で親しまれているのは、ベイスターズの宮﨑敏郎(みやざき としろう)選手です。

今シーズンのオフにはFA権取得が見込まれる選手です。

ベイスターズファンには、気がかりな話題ですよね。

今回は宮﨑敏郎選手がFA権を行使するのか、独断、ファン目線で予想してみました。

目次

宮﨑敏郎のプロフィール

まずは、宮﨑選手のプロフィールから。

スクロールできます
名前宮﨑 敏郎(みやざき としろう)
生年月日1988年12月12日
出身地佐賀県唐津市
身長/体重172cm/85kg
最終学歴日本文理大学
ポジション内野手(右投右打)
背番号51
経歴日本文理大学
セガサミー
横浜DeNAベイスターズ


宮﨑選手は佐賀県唐津市の出身です。

佐賀県立厳木高等学校時代には、投手として選手登録されていて、さらには4番打者。

公式戦通算24本の本塁打を記録しています。

残念ながら甲子園の出場経験はありません。


大学は大分県にある日本文理大学に進み、1年生の秋から三塁手として公式戦に出場しています。

九州大学野球リーグでは、2度の首位打者、3度のMVP、そしてベストナインにも輝いています。

2年、3年次には全日本大学野球選手権に出場して、3年次にはベスト8まで進出しました。


大学卒業後は、セガサミーに入社して硬式野球部で活躍します。

2012年に行われた都市対抗野球大会では、1回戦の日本通運戦で8回裏に逆転満塁本塁打を打ち、3年ぶりの勝利に貢献しました。


そして、その年に行われたプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから6巡目で指名され、契約金3,500万/年俸850万(推定)でプロ入りしました。

宮﨑敏郎のプロ入り後の成績と年俸

宮﨑選手の成績

スクロールできます
年度試合数打席打数安打打点本塁打打率
20133358521352.250
201451313200.154
20155816315244101.289
2016101335302883611.291
20171285234801556215.323
20181425905511757128.318
20191144734331234915.284
20201134604291295314.301
202126105982872.286

宮﨑選手は、プロ入り後は1軍での出場機会は少ないものの、主に二塁手や一塁手での起用されることが多かったです。

宮﨑選手の実力が開花されるのは、ラミレス前監督が就任した2016年頃からですね。

2017年には開幕から5番打者としてスタメンで出場していまし、このシーズンは打率.323でセリーグの首位打者を獲得しました。

2019年は開幕から打撃不振が続き、1ケ月ほどで復調するものの、8月には左手を故障して登録抹消、そして手術を受ける事態となり年間の打率は3割を切ってしまいました。

ただし、昨シーズンも3割台をキープしていますので、ここ数年の宮﨑選手はサードスタメン固定で起用され、攻守とも安定した実積を残せる選手です。

宮﨑敏郎の年俸

宮﨑選手の年俸は、契約金3,500万/年俸850万(推定)からスタートしています。

宮﨑選手の年俸の推移は、2017年の首位打者を獲得した翌年から跳ね上がりましたね。

そして2017、2018年と2年連続で打率3割を維持して、2019年の年俸で1億円プレイヤーの仲間入りを果たしています。

スクロールできます
年度推定年俸(万)
2013850
2014950
2015850
20161,200
20173,000
20188,000
20191億6,000
20201億6,000
20211億7,000

宮﨑選手についての結婚、嫁に関しても記事を書きました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓↓

宮﨑敏郎はFA権を行使するのか?

FA権を取得すれば、プロとして行使するのは当然の権利であり、個人の自由です。

プロである以上、高く選手として評価してくれる球団へ移籍するのは当然です。

ただし、長年応援してきたファンとしては、FA権を行使せず球団に残留してもらいたいの本音ですよね。

宮﨑選手は、今シーズン順調にケガもなく1軍での試合に出場していけば、FA権を取得できます。

FA権を取得した際、宮﨑選手が行使するか、それともベイスターズに残留するか?

正直なところ、本人しか分からないことですが、勝手なファン目線で予想すると、

私は、宮﨑選手は横浜残留を選択すと予想します!(ほぼ願望ですが)

宮﨑選手は、”ハマのプーさん”と呼ばれ横浜のファンから愛されています。

そして、プーさんも横浜ファンを愛し、”横浜愛”が強い選手だと思います。

宮﨑選手が横浜のファンやチームメイト、監督、コーチ、スタッフと共に、優勝の喜びを味わう前にベイスターズを離れるとは想像できません。

三浦監督が”横浜愛”を貫いたように、宮﨑選手も”横浜愛”を貫くと思います。


いずれにせよ、今シーズのオフの話題は宮﨑選手のFA権行使の有無には注目ですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。



コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる