XYDBの意味は?ベイスターズの選手が着用しているウエアの謎の文字

画像は作品とは関係ありません。

2021年開幕から負けが続いているベイスターズ。

早く三浦新監督に1勝を!!という想いで応援しています。

ところで、テレビ観戦していると試合の展開とは別に気になることがあります。

それは、選手、監督、コーチが着用しているウインドブレーカーや練習用のシャツの胸元に大きく刻まれている文字です。

アルファベット大文字で ”XYDB” この4文字が何を意味しているのか?気になつているので調べてみました。

目次

XYDBの意味は?

ベイスターズの監督、コーチ、選手が着用しているシャツに刻まれた謎の4文字 ”XYDB” ??

まずベイスターズファンの方なら ”X” に続く ”YDB” の3文字はすぐに分かりますよね。

”YDB” = Yokohama Dena Baystars の頭文字の”YDB”です。

では最初の ”X” に込められた意味は何でしょうか?

ベイスターズの親会社がTBSからDeNAへ変って今シーズンで10年目となります。

そうです!! 

数字の ”10” を表すローマ字は ”X” です。

横浜DeNAベイスターズが誕生して10周年を表した4文字が、”XYDB” です。

ハマスタ(横浜スタジアム)での熱戦の模様は、試合直前の選手のインタビューから試合終了後の三浦監督のインタビューまで完全生配信で見れるParaviで!!
↓↓↓

横浜DeNAベイスターズ 誕生10周年

DeNAがオーナーになり今季で10年目を迎えたベイスターズ。

ベイスターズの前身は、大洋ホエールズ

1978年に川崎球場から横浜スタジアムへ本拠地を移転した際に、横浜大洋ホエールズと改称しました。

その後、1993年には、より地域に密着した球団として、横浜ベイスターズと改称。

2002年には、親会社がマルハからTBSに変わり横浜スタジアムの主催ゲームを数多く放送するようになりました。

そして2011年の秋には、TBSからDeNAにオーナー会社が変わり、横浜DeNAベイスターズが誕生しました。

ベイスターズ再建録

DeNAになる前のベイスターズは、

成績は万年Bクラス

ハマスタはガラガラで閑古鳥が鳴いてました。

それが、今ではチケットが取れない人気球団になりました。

この10年のベイスターズの社員、スタッフの再建までの歩みが記されています。

ベイスターズファンにはおススメの1冊です!!


コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる