上茶谷大河の球種や球速は?今季はモノマネよりピッチングで注目されろ!

上茶谷大河の球種や球速は?今季はモノマネよりピッチングで注目されろ!
画像は作品とは関係ありません。

横浜DeNAベイスターズの上茶谷大河投手(かみちゃたに たいが)はプロ入り3年目です。

最近では、チームメイトのモノマネが話題になりますが、東洋大学時代はMVP、最優秀投手に輝いた投手です。

今回は、上茶谷大河投手の球種、球速について調べました。

目次

上茶谷大河の球種は?




上茶谷投手のピッチングの特徴は、身長182㎝からのスリークオーターで投げるストレートカットボールを軸に投球を組み立てています。

これらのボールでストライクを先行していくスタイルで、スライダー、チェンジアップ、フォーク、カープなどの多彩な変化球も組み合わせていきます。

カットボールは大学時代に覚えたもので、制球力がよく、今では握りや曲げ方を変え3~4個の球種があるそうです。

上茶谷投手の代名詞といえば、カットボールと言ってもいいでしょう。




上茶谷大河の球速は?

上茶谷大河投手の球速は、ストレートで最速149km/hをマークしています。

これはプロ入り後のデータで、東洋大学時代は152km/hを記録しています。

東洋大学では、同級生の甲斐野央選手(ソフトバンク)と梅津晃大選手(中日)と「150kmトリオ」として注目されていました。

多彩な変化球を投げる上茶谷投手ですが、いずれの球も120km/hをマークしています。

上茶谷大河のプロフィール

上茶谷投手は、2018年のドラフト会議でベイスターズから1位指名を受け、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円(推定)でプロ入りしました。

甲子園出場の経験はありません。

名前上茶谷 大河(かみちゃたに たいが)
出身地京都府京都市
生年月日1996年8月31日
身長/体重182cm/83kg
最終学歴東洋大学
ポジション投手(右投/右打)
背番号27

上茶谷投手の爆笑モノマネ動画をまとめました。

よろしければ、下記の記事もあわせてお読みください。
↓↓↓

まとめ

今回は、上茶谷大河投手の球種と球速について調べました。

昨シーズンの上茶谷投手は、2勝しかできませんでした。

どちらかと言うと、チームメイトのモノマネが話題となってしまった感があります。

しかし上茶谷投手は決しておチャラケキャラではなく、これまでの指導者の話によると、「真面目で努力家」だそうです。

プロ3年目の近シーズンは、これまでの”努力”が実るシーズンにしてもらいたいですね。


がんばれ上茶谷大河!

がんばれベイスターズ!!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる