ハマスタのスタジアムDJは誰?

ハマスタスタジアムDJは誰?
画像は本記事とは関係ありません。

ひと昔前までは、野球場での場内アナウンスはウグイス嬢が行うのが当たり前だと思っていましたが、現在はウグイス嬢+スタジアムDJの併用で試合の進行を盛り上げています。

今回はハマスタ(横浜スタジアム)のスタジアムDJは誰?ということで調べてみました。

スポンサーリンク

目次

スタジアムDJとは?

まずはじめにスタジアムDJとは何か?調べました。

スタジアムDJとは、スポーツの試合の祭、スタジアム(競技場)で選手紹介やインフォメーション、さらには試合前後に行われるイベントの進行を行う人(MC)です。

プロ野球以外ではサッカー(Jリーグ )、バスケットボール(Bリーグ)、バレーボール(Vリーグ)など、さまざまなスポーツで取り入れられています。

BリーグやVリーグなどの室内競技では、アリーナDJ、アリーナMCと呼ばれています。


プロ野球で初めてスタジアムDJを導入したのは、オリックス・ルーウェーブ(現オリックス・バッファローズ)でした。

1991年よりDJ KIMURA(木村芳生)さんが、初代男性球場アナウンサーとして「スタジアムDJ」という肩書で、試合を盛り上げる役割を担いました。

スポンサーリンク

ハマスタスタジアムDJは?

現在、ハマスアで試合の進行と盛り上げる役目を担っているスタジアムDJは、

DJ KENNY(ディージェイ・ケニー)※上記画像 左

MC TEEDY(エムシー・テディ)※上記画像 右

のお二人です。

DJ KENNYは試合の進行と選手コール、MC TEEDYはイベントの進行を行っています。

DJ KENNY(ディージェイ・ケニー)

DJ KENNYさんは昨シーズンからベイスターズのスタジアムDJを担当しています。

DJ KENNYさんは、幼少期をアメリカのシアトルで暮らし英語を習得したバイリンガルなスポーツMCです。

MC TEEDY(エムシー・テディ)

MC TEEDYさんは、2019年よりベイスターズのイベントMCとして活動されています。

MC TEEDYさんは俳優やライター、スポーツチームの運営経験を経て、MCとして11年、さまざまなジャンルのスポーツをマイク1本で盛り上げてきた方です。 

DJ KENNYさんとMC TEEDYさんの実際のMC音声はこちら
↓↓↓
20201025 スタジアムDJのKenny、Teddyによる試合前インフォメーション

ハマスタスタジアムDJは誰 のまとめ

今回は、ハマスタでベイスターズの試合を盛り上げてくれているスタジアムDJについて調べてみました。

ネット上には、「スタジアムDJ うるさい」、「スタジアムDJ いらない」というワードも目にしますが、それは人それぞれですね。

確かに、じつくりと選手のプレイに注目して観戦したい方には、耳障りなのかもしれません。

私はスタジアムDJ大賛成派です。

特に去年からの新型コロナウイルスで入場制限がされているハマスタでは、

観客が少ない

声をあげて声援が出来ない

そんな異常事態のハマスタを盛り上げ、ファンの声をも代弁してくれる、スタジアムDJのお二人の存在は無くてはならない存在です。


ハマスタへ観戦に行った際には、試合同様にスタジアムDJのお二人にも注目しましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク




目次
閉じる