自力優勝消滅最速記録は?2022年阪神タイガースは更新するか?

自力優勝消滅最速記録は?2022年阪神タイガースは更新するか?
画像は本記事とは関係ありません。

阪神タイガースが負ける度に、SNSのトレンドには、”自力V消滅” や、”自力優勝消滅” のワードが挙がってきます。

私が応援する横浜DeNAベイスターズも昨年のシーズンは、5月14日に自力優勝の可能性が消えてしまいました。

そこで今回は、近年の自力優勝消滅最速記録や、阪神タイガースの自力優勝消滅の予想について調べてみました。

この記事を読むと分かること

・過去の自力優勝消滅時期と球団
・阪神タイガースの自力優勝消滅予想

スポンサーリンク

目次

自力優勝消滅最速記録

2000年代のセ・パ両リーグの自力優勝の可能性が消滅した時期と試合数は以下の通りです。

セ・リーグ 自力優勝消滅最速記録

スクロールできます
試合年月日自力V消滅チーム(試合数)対戦相手最終順位
2008年5月25日ベイスターズ(46)オリックス6位
2009年6月3日ベイスターズ(49)ソフトバンク6位
2010年6月24日ヤクルト(65)巨人4位
2011年7月5日ベイスターズ(63)広島6位
2012年7月6日ベイスターズ(69)中日6位
2013年6月9日ヤクルト(58)日本ハム6位
2014年7月15日ヤクルト(80)巨人6位
2015年7月29日中日(93)阪神5位
2016年6月29日ヤクルト(77)広島5位
2017年6月9日ヤクルト(57)広島6位
2018年7月17日中日(83)広島5位
2019年6月29日ヤクルト(75)巨人6位
2020年8月29日中日(62)巨人3位
2021年5月14日ベイスターズ(42)広島6位
2022年  ? ?

昨シーズンはベイスターズが5月14日に自力優勝の可能性が消滅してしまいました。5月という日付もそうですが、開幕して42試合目というのはインパクトが大きかったですね。

パ・リーグ 自力優勝消滅最速記録

スクロールできます
試合年月日自力V消滅チーム(試合数)対戦相手最終順位
2005年4月30日 楽天(29)西武6位
2008年7月26日ロッテ(97)ソフトバンク4位
2009年6月27日オリックス(63)楽天6位
2010年7月28日楽天(92)ソフトバンク6位
2011年7月12日楽天(68)ソフトバンク5位
2012年7月7日オリックス(75)ロッテ6位
2013年8月3日日本ハム(92)楽天6位
2014年6月29日西武(68)ソフトバンク5位
2015年5月31日オリックス(54)広島5位
2016年6月2日オリックス(50)
楽天(51)
巨人
阪神
6位
5位
2017年5月16日ロッテ(37)西武6位
2018年5月6日楽天(31)西武6位
2019年7月6日オリックス(79)ソフトバンク6位
2020年8月25日オリックス(57)ソフトバンク6位
2021年8月21日西武(93)オリックス6位
2022年 ?  ?? 

パリーグに関しては、昨年のベイスターズ以上に最速で自力優勝の可能性が消滅したのは、2018年の楽天の31試合目でした。

さらに歴史を紐解いていくと、2リーグ制に移行する前の1955年の大映が27試合目で自力優勝が消滅しています。

スポンサーリンク

自力優勝消滅最速記録を阪神タイガースは更新するのか?

阪神タイガース 4月21日試合終了時点での成績

まずは、昨日(4月21日)試合終了時点での阪神タイガースの成績をみてみましょう。

スクロールできます
試合数ホームビジター首位との差順位
2331913勝7敗0勝12敗12.56 位

阪神タイガースは、21日の横浜スタジアムで行われたベイスターズ戦で、6回降雨コールドで5対7で負けました。これで開幕からビジター(敵地)で勝ち無しの12連敗です。

阪神タイガースが最速で自力優勝消滅する日は?

ネットニュース等の報道によると、阪神タイガースが自力優勝消滅の最速で記録する可能性があるとしたら、最短で4月29日だそうです。

阪神は最短で、今季30試合目の今月29日に自力優勝の可能性が消滅する。21日から阪神が8連敗、巨人が8連勝すると仮定。30日以降に(1)阪神=残り113試合に全勝しても、最終成績は116勝26敗1分けで勝率8割1分7厘。(2)巨人=阪神戦残り18試合に全敗しても、他球団との95試合に全勝すれば、118勝25敗で勝率8割2分5厘となり、阪神を上回るため。また29日までに2球団に△があっても、29日に阪神の自力Vが消える場合もある。

引用:日刊スポーツより
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204200000809.html

阪神タイガースの今後の試合日程

スクロールできます
試合日時 対戦相手球場
4月21日(木)18時ベイスターズ横浜
4月22日(金)18時ヤクルト神宮
4月23日(土)18時ヤクルト神宮
4月24日(日)18時ヤクルト神宮
4月26日(火)18時中日甲子園
4月27日(水)18時中日甲子園
4月28日(木)18時中日甲子園
4月29日(金)18時巨人東京ドーム
4月30日(土)14時巨人東京ドーム
5月1日(日) 14時 巨人東京ドーム
5月3日(火) 14時ヤクルト甲子園
5月4日(水) 14時ヤクルト甲子園
5月5日(木) 14時ヤクルト甲子園
5月6日(金) 18時中日バンテリン
5月7日(土) 14時中日バンテリン
5月8日(日) 14時中日バンテリン

個人的には、阪神タイガースが4月29日に自力優勝消滅の可能性は低いと思いますが、もし現実となれば2018年の楽天の31試合目を抜いて、球界最速の30試合目という不名誉な記録を更新してしまいます。

スポンサーリンク

自力優勝消滅についてネット上の声

昨晩(4月20日)、阪神タイガースが負けたので今朝のTwitterのトレンドに ”自力V消滅” というワードが挙がっていました。ツイッター村の住民の皆様も関心があるようですね。

自力優勝消滅最速記録は?2022年阪神タイガースは更新するか? のまとめ

ネットニュースの情報によると、

阪神タイガースが最速で自力優勝消滅が消滅するのは、4月29日とのこと。但し現実的には可能性は低い。


これまでの球界最速の自力優勝消滅は、

楽天イーグルスが2018年5月6日の31試合目で自力優勝の可能性が消滅しています。

もし阪神が、4月29日に自力優勝が消滅すると30試合目になり球界最速の記録を更新することになります。



コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる