澤田優蘭読み方は?走り幅跳び日本記録保持者北京大会に続き2度目のパラ出場!!

画像は本記事とは関係ありません。

8月24日から開催される東京2020パラリンピックの陸上・女子走り幅跳びに出場する澤田優蘭選手は、日本記録保持者です。

今回の 東京2020パラリンピックでは、

自身の持つ日本記録を更新できるか?

メダルを獲ることができるか?

注目の選手です!!


ところで、 澤田優蘭選手の名前

優蘭

何と読むのでしょうか?

分かりますか?


そこで今回は、澤田優蘭選手の名前の読み方と、さらにはプロフィールも調べてみました。

スポンサーサイト

目次

澤田優蘭 読み方は?

澤田優蘭選手の名前は、”優蘭”と書いて

うらん

と読みます。

優蘭の漢字のイメージは、

優・・・優しい、さわやか、誠実、知的、など

蘭・・・花、樹、明るい、など


澤田選手のご両親は、優しく誠実で明るい子に育って欲しいと願い名付けたのかもしれませんね。(私の妄想ですが)

スポンサーサイト

澤田優蘭 プロフィール

名前澤田 優蘭(さわだ うらん)
生年月日1990年10月24日
出身地東京都北区
最終学歴立教大学 卒業
所属マッシュホールディングス
パラリンピック成績北京大会(2008年)
100m・・・予選敗退
走り幅跳び・・・4m93(9位)
所属 マッシュホールディングス

澤田選手は、中学生時代に急激に視力が低下し、網膜色素変性症であることが判明しました。

そのため中学卒業後は、東京都立文教盲学校に進み、体育の授業の一環で全国障害者スポーツ大会東京予選に参加したのを機に、陸上競技を始めました。

そして、なんと17歳にして2008年の北京パラリンピック大会に出場しました。

北京パラリンピック終了後、大学は立教大学に進学し、卒業後は飲料メーカーに就職して一時競技から離れていましたが、再び練習を再開しました。

そして2018年に行われた「第28回日本パラ陸上競技選手権大会」では、

走り幅跳び・優勝(5m03cm/日本記録更新)


さらに2018年の「2018 World Para Athletics Grand Prix」では、

100m・優勝(13秒22)

走り幅跳び・日本記録(5m70cm)


と、素晴らしい記録を達成されています。

澤田優蘭読み方は? のまとめ

今回は、東京2020パラリンピックの陸上競技に出場する澤田優蘭選手の名前の読み方とプロフィールについて調べてみました。

” 優蘭 ”の読み方は、

初見だと「ゆうらん」と読んでしまいそうですが、

「うらん」と読むことが分かりました。


走り幅跳びと日本記録保持者の澤田優蘭選手には、メダル獲得と日本記録更新の可能性があります。

今回のパラリンピックの澤田選手の活躍には注目です!!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク


コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる