小方心緒吏読み方は?パラリンピック3度目の出場でメダル獲得目指せ!!

画像は本記事とは関係ありません。

東京2020パラリンピックで、シッティングバレーボールに出場する日本チームのエースアタッカーは、小方心緒吏選手です。

小方心緒吏選手は、区役所で働きながら2児の子育てをするワーママさんなんです。

そんな 小方心緒吏選手は、北京、ロンドンに続き東京大会と3度目のパラリンピック出場でメダル獲得を目指します。

ところで 小方心緒吏選手の名前、” 心緒吏” 読み方は分かりますか?

今回は、 小方心緒吏選手の名前の読み方、そしてプロフィールも調べてみました。

スポンサーサイト

目次

小方心緒吏 読み方は?

\ 小方選手は左から2番目 /

小方心緒吏選手の名前、” 心緒吏 ” と書いて、

しおり

と読みます。

シッティングバレーボールとは?

シッティングバレーボールは、 東京2020パラリンピックの正式競技ですが、正直なところ私は知りませんでした(‘◇’)ゞ

シッティングバレーボールは、手や足に障害や麻痺がある選手が、臀部(でんぶ)の一部を床につけたまま行う6人制のバレーボールです。

文字で説明するよりは、動画を見た方が分かりやすいので、YouTubeの動画動画をご覧ください。

小方心緒吏 プロフィール

スクロールできます
名前小方 心緒吏 (おがた しおり)
生年月日1985年11月5日
出身地東京都
学歴文教学院大学女子高等学校 卒業
所属東京都北区役所/東京プラネッツ女組

小方選手は、文教学院大学女子中学校在学中は、バレー部でエースアタッカーとして活躍していました。

3年生の時に右大腿骨肉腫を患い、入院治療に専念して高校1年生の時にマネージャーとしてバレーボール部に復帰しました。

そして高校生の時に、 シッティングバレーボールに出会い、勉学とマネージャー、そしてシッティングバレーボールの選手としても練習に参加するようになりました。

高校卒業後には、日本代表に選ばれまでのプレイヤーに成長しました。

2008年の北京パラリンピックでは8位位、2012年のロンドンパラリンピックでは7位という成績をあげています。

スポンサーサイト

小方心緒吏読み方は? のまとめ

今回は、東京2020パラリンピックで、シッティングバレーボールに出場する小方心緒吏選手の名前の読み方、さらにはプロフィールも調べてみました。

小方選手が出場する シッティングバレーボールの日程(予選ラウンド)は以下の通りです。

スクロールできます
日時対戦相手
8月27日(金) 午前10時予選ラウンド イタリア戦
8月29日(日) 午後8時30分 予選ラウンド ブラジル戦
9月1日(水)  午後8時30分 予選ラウンド カナダ戦

シッティングバレーボール 日本代表、そして小方心緒吏選手を応援しましょう!!


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

      スポンサーリンク



コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる