シェフは名探偵2話のあらすじ&原作ネタバレ!!

西島秀俊さん主演のドラマ「シェフは名探偵」は、累計発行部数29万超えの作家・近藤史恵さんの人気小説「ピストロ・パ・マル」シリーズ3作品が原作となっています。

1話放送後からネット上では「面白い!」、「2話目以降も楽しみ」など上々の滑り出しです。

「シェフは名探偵」2話は、6月14日(月)に放送されます。

今回は、2話のあらすじと、近藤史恵さんが書いた原作のネタバレについてもまとめていきます。

スポンサーリンク

目次

シェフは名探偵 2話あらすじ

新ドラマ「シェフは名探偵」は、下町の小さなフランスレストラン「ピストロ・パ・マル」を舞台に、そこを訪れる客たちが巻き込まれている事件や不可解な出来事を、西島秀俊さん演じるシェフ三舟のお節介と洞察力で解き明かすグルメミステリーです。

シェフは名探偵 2話あらすじ

常連客・御木本遥から予約の連絡が。メインは“ガチョウのコンフィのカスレ”希望だという。同席する人気エッセイスト・寺門小雪のリクエストらしいが、なぜガチョウなのか…?また原杏子と大島圭一が来店したある夜。食事中に大島がプロポーズした。無事成功するがその後思わぬトラブルが――。そんな小雪と大島の苦悩に何かを感じた三舟忍(西島秀俊)は、またもお節介を焼く。

テレビ東京公式サイト より

ドラマ「シェフは名探偵」では、1話につき2組の客が抱えている問題や不可解な出来事を、三舟シェフの「ちょっといいですか?」という言葉で始まるお節介と鋭い洞察力で解き明かしていきます。

第2話で厄介な出来事を「ピストロ・パ・マル」に持ち込むお客は、

・御木本遥/寺門小雪
・原杏子/大島圭一

この2組のお客が抱える問題、悩みとは?

シェフは名探偵 原作ネタバレ

ドラマ「シェフは名探偵」は、累計発行部数29万超えの作家・近藤史恵さんの人気小説「ピストロ・パ・マル」シリーズ3作品が原作となっています。

「ピストロ・パ・マル」シリーズ3作品

・タルト・タタンの夢
・ヴァン・ショーをあたなに
・マカロンはマカロン

第2話の原作となっているのは、以下の2編です。

タルト・タタンの夢「ぬけがらのカスレ」

ヴァン・ショーをあたなに「氷姫」

ぬけがらのカスレ

常連の編集者・御木本遥からディナー2名の予約が入った。

御木本からの料理のリクエストは、前菜にフォアグラを使った料理、メインはカスレ。

さらに、メインは鵞鳥(ガチョウ)のコンフィのカスレが希望とのこと。

カスレは、「ピストロ・パ・マル」の人気料理であるが、普通は鴨肉を使うが、「パ・マル」のカスレは塩漬けの豚肉を使ったものだった。

三舟シェフは、珍し食材をあえて使う意味がわからなかった。

翌日のランチタイムに、御木本遥が同僚を連れてぷらりとやってきた。

シェフは、鵞鳥のカスレをリクエストした訳を御木本に尋ねた。

当日の夜、御木本に同席するのは、人気エッセイストの寺門小雪だと分かった。

その寺門小雪が、鵞鳥のカスレを希望していたのである。

寺門は以前にフランスに住んでいて、パリ在住のライターとして現地のお店情報など書いていた。

その後、恋愛に関するエッセイが大ヒットして、エッセイストに転向しテレビなどにも出演していた。

寺門小雪は現在、故郷の北海道に住み執筆に専念している。 

そういえば、とソムリエの金子さんが呟いた。

寺門さんのエッセイの中には、カスレについて書いたものがあったとのこと。

そのカスレはパリで当時の彼氏が作ってくれたもの。

そして、カスレが原因で恋人と別れる原因となってしまった。


寺門小雪にとつて、カスレは悪い思い出のある料理。

なぜ鵞鳥なのだろうか?鵞鳥に特別な意味があるのだろうか?

三舟シェフは、そのエッセイの名前を教えて欲しいと、ソムリエの金子さんに頼んだ。

その日の仕事終わり、ギャルソンの高築は自宅とは反対の方向の本屋へ足を運んでいた。

多くの文庫本から、寺門小雪という名前を探し、一冊づつ目次をめぐり「今はもう遠い人たちへ」という題名のエッセイ集を手に取った。

高築は自宅に戻り、そのエッセイ集を開いた。

chefuwameitantei2wagensaku
dav

この後、原作本では、

なぜ鵞鳥のカスレが、寺門小雪と彼氏の別れの原因となったのか?

寺門小雪が、鵞鳥のカスレをリクエストした理由は?

そして、鵞鳥のカスレを食べた後、三舟シェフがすべての謎を解明していきます。

結末は、原作本、そしてドラマ「シェフは名探偵」第2話をご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タルト・タタンの夢 (創元推理文庫) [ 近藤史恵 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2021/6/9時点)


氷姫

切羽詰まった吐き気で目覚めた大島圭一。

昨夜は傷心の痛みを紛らすために、焼酎を呷(あお)っていた。

それもそのはず、愛していた原杏子が圭一のもとから去つてしまつたからだ。

このまま悲しみに浸っていたかったが、今夜は恩師と「パ・マル」で食事の約束があつた。

杏子と出会ったのは、圭一が大学生の時だった。

つまり十年前、そこから片思いの7年、そして昨夜までの3年弱は一緒に暮らしていた。

「ごめんなさい、今までありがとう」

彼女は、そんな手紙を残して去ってしまつた。

杏子は、大学の友人である原の妹である。

大学二年の学園際の時に、高校三年生だった杏子に初めて会い、一目惚れしてしまった。

それから一カ月、杏子の顔が頭から離れなかつた。

ある日、冗談めかして、「杏子ちゃん、彼氏いるの?いなけば立候補していい?」と原に尋ねた。

原は、「あいつはやめとけ、おまえの手に負えるような奴ではない」と。

手に負えるような奴ではない?とはどういうことか圭一は原にしつこく尋ねた。

原はいいにくそうに口を開いた。

「リスカ癖があるんだよ」

「リストカット。今まで何度も自殺未遂を起こしているんだ」

それを聞いた圭一は唖然として、自分には手に負えないと思い、その時はあきらめた。

それから半年、杏子は同じ大学に入ってきた。

会えば挨拶をし、言葉を交わすようになった。

ある夏の日、電車の中で偶然、杏子に出会った。

杏子の希望で、二人はかき氷を食べに甘味屋に入った。

杏子の外れている袖のボタンから、リストカツㇳの傷跡が見えた。

彼女は今も内に悲鳴を抱えているんだと思うと、それを共有できるのは幸せだと圭一は思った。

そして彼女に恋をするようになってしまった。

しかし圭一は、杏子に告白することはできなかった。

杏子には恋人ができたからだ。

月日は流れて、杏子と出会ってから5年、彼女は大学時代から付き合っていた恋人と別れたことを知る。

今もなお杏子への想いが断ち切れなかった圭一は、大学時代に杏子と行った甘味屋へ彼女を呼び出した。

そこで杏子に「自分のことをどう思っているか?」と尋ねると、新しい男と付き合っていると予期せぬ答えが返ってきた。

その男とは、圭一の後輩で名前は、寺坂悠人。

寺坂を杏子に紹介したのは圭一だった。

圭一が知る限り、杏子と寺坂は単なる友達だと思っていた。

いつ、どうして二人が付き合うようになつたかなど、圭一は知る由もなかった。

圭一は、杏子と寺坂が付き合い始めて一年半ほどした頃、二人が近々結婚することを知ることになる。

chefuwameitantei2wagensaku

このあと原作では、

どのような経緯で、圭一と杏子が一緒に暮らすようになったのか?

そして杏子が圭一の元から去って行った謎解きを、三舟シェフが解き明かします。

結末は、原作本、そしてドラマ「シェフは名探偵」第2話をご覧ください。



スポンサーリンク

シェフは名探偵 2話のあらすじ&原作ネタバレ のまとめ

今回は、「シェフは名探偵」第2話のあらすじと原作ネタバレについて綴りました。

原作のタルト・タタンの夢「ぬけがらのカスレ」は、ドラマではほぼ忠実に再現されると予想されます。

一方のヴァン・ショーをあたなに「氷姫」は、原作を元に若干、あらすじを変えていると思われます。

ドラマでは、「パ・マル」で圭一が杏子にプロボーズするシーンが描かれているようですが、原作では杏子は「パ・マル」に訪れてはいません。

圭一は恩師と「パ・マル」に訪れています。

このあたり原作との違いを見るのも面白いですね。

「シェフは名探偵」は動画配信サービスParavi(パラビ)で1話から最新話まで無料で視聴することができます。

詳しくは下記の記事をご確認下さい。
↓↓↓

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる