千種ゆり子(気象予報士)空手の腕前は?身長やカップも調査!

Pocket

土曜日の夕方のニュース番組「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系列)に気象予報士千種ゆり子(ちくさゆりこ)さんが出演しています。

千種さんは美人であるばかりではなく、空手の達人である噂があります。今回は、千種ゆり子さんの空手の腕前、さらに身長カップについても調べてみましょう!

Sponsored Link

千種ゆり子(気象予報士)について

千種ゆり子さんは埼玉県富士見市出身の30歳です。

一橋大学法学部を卒業後、インフラ企業に就職しました。千種さんが入社した企業名はわかりませんが、インフラといえば、電気、水道、電話、ガス、交通、道路など私達の日常生活には不可欠なものばかりです。

偏差値がトップクラスの一橋大学法学部卒業の千種さんであれば、東京ガス、JR東日本、全日本空輸、NTTドコモなどの一流有名企業あたりに就職したのかもしれませんね。

インフララ企業に就職した千種さんですが2013年に気象予報士の試験に合格しました。もともと小学生の頃から地球温暖化や気候について興味があったそうです。

そしてウェザーマップに所属して、2014年からお天気キャスターとしてNHK青森放送局に勤務して、気象予報士として本格的に活動をスタートさせました。

千種ゆり子の空手の腕前は!

美人でお淑やかに見える千種さんですが、空手暦12年で松濤館流三段の腕前です。松濤館流(しょうとうかんりゅう)というのは空手の4台流派の一つです。

千種さんは、一橋大学の空手部に入部して空手を始めました。テニス同好会のような軟弱なサークルでなく、体育会系バリバリの部活です。大学の4年間は相当に厳しい稽古を積んだのではないでしょうか。そしてNHKの青森放送局勤務時代も地元の道場に通い、稽古と指導をしていました。

空手の段位は流派により認定基準が異なりますが、初心者は白帯からスタートして、4級以下、3級、2級、1級と昇級してから、昇段審査に進みます。空手の段位は初段から最高位が10段までです。

それぞれの認定審査は型と組手が行われ、初段といえども簡単に取得することは出来ません。空手の初段を取得するには、だいたい3年~5年ぐらいと言われています。ですので空手の有段者になるには、長い年月をかけて、しっかり稽古する必要があります。

そんな千種さんには、「一橋大学空手道部女子監督」という肩書きがあります。母校の監督とはいえ、千種さんはただ者ではないですね。

千種ゆり子の身長やカップは?

空手で鍛錬しているだけあって、スタイルはよく脚は長いのではないでしょうか。千種さんの身長は168cmあります。長い脚で繰り出す回し蹴りを見てみたいですね。

カップについては公表されていませんが、ネット上ではB~Cカップの見立てが多くありました。

Sponsored Link

最後に

今回は、気象予報士千種ゆり子さんについて、空手の腕前や身長やカップについても調べてみました。

千種さんが空手を始めたきっかけは、痴漢にあった経験から護身術として習得したかったのと、自分に自信をつけたかったそうです。

2年後の東京五輪では空手が正式競技に採用されたので、今まで以上に注目されるハズです。今後、気象予報士としてではなく、空手家もしくは空手部監督の肩書きでの仕事が増えるかもしれませんね。

空手家・千種ゆり子に注目です!

最後まで読んで頂き、有難うございました。

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください