矢崎由紗がかわいい!朝ドラのヒロインに抜擢!年齢やプロフィールは?

Pocket

いよいよ4月からスタートするNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」に子役の矢崎由紗(やざきゆさ)ちゃんが出演します。

今回は、矢崎由紗ちゃんについて調べてみました。

Sponsored Link

矢崎由紗ちゃんが朝ドラのヒロインに!

由紗ちゃんは、4月2日(月)スタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインとして出演します。正確には、ヒロイン楡野鈴愛を演じる永野 芽郁(ながのめい)さんの幼少期の役で出演します。ですので、かわいい由紗ちゃんが観られるのは、せいぜい第1週目、多くて第2週目ぐらいまででしょう。

 

ヒロインの幼少期の役柄といえ、超難関の朝ドラのオーディションに合格したからには、他の子役より抜き出た「何か」があったのでしょう。

矢崎由紗ちゃんの年齢は?

由紗ちゃんは、2009年5月20日生まれの8歳です。由紗ちゃんの子役としてのデビューは2歳なので、すでに芸暦が6年となります。

子役は「かわいい」と評判になるのは当然で、これまで「かわいくない」と評判になった子役は思いつきません。

とりわけ女の子の子役はかわいいですね。「かわいい」子役で印象に残っているのは、芦田愛菜(あしだまな)さん、鈴木梨央(すずきりお)さん、新井美羽(あらいみう)さんなどです。

芦田愛菜ちゃん(フジテレビ マルモのおきて)

鈴木梨央ちゃん(朝ドラ あさが来た)

新井美羽ちゃん(朝ドラ わろてんか)

矢崎由紗ちゃんのプロフィール

由紗ちゃんの公式プロフィールで公開されているのは、生年月日と身長、出演作品だけで、出身地や趣味などの情報は掲載されていません。

身長は128cmとありますが、成長が早い年頃なので、この2~3年でぐう~んと伸びるでしょう。

由紗ちゃんは2012年にスペシャルドラマ「黄昏流星群〜星降るホテル〜」で子役デビューしました。

由紗ちゃんの出演した連続ドラマは、

2013年「名もなき毒」(TBS系列)

2014年「Dr.DMAT」(TBS系列)

2015年「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」(TBS系列)

2017年「悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜」(NHK)

などです。

最近の作品で印象に残っているのは、 安達祐実さんの娘役で出演した「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」です。この作品は都内名門幼稚園を舞台に貧乏主婦とセレブ主婦の葛藤や友情を描いた作品でしたが、たくさんの子役が出演する中で由紗ちゃんのかわいさが印象に残っています。 

子役ということで、由紗ちゃんについての情報は少ないのですが、朝ドラ「半分、青い。」出演後は徐々に情報が出てくるでしょう。

Sponsored Link

最後に

今回は、子役の矢崎由紗ちゃんについて調べてみました。

子役としてブレイクはしていませんが、今回の朝ドラ「半分、青い。」の出演がきっかけで全国区のお茶の間に知れ渡るでしょう。

ヒロインの幼少期の役なので出演期間が短いですが、NHKの「朝ドラ」や「大河ドラマ」は絶大の影響力がありますので、由紗ちゃんも注目されるでしょう。

「半分、青い。」そして今後の活躍が楽しみな子役さんです。

最後まで読んで頂き、有難うございました。

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください