井川遥は在日韓国人?本名は?旦那や子供についても調査!

Pocket

女優の井川遥さんは現在放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で豊川悦司さん演じる漫画家の秘書役で出演しています。

ドラマではバブル時代に流行った「ピンクハウス」風の衣装で全身をコーディネートしていて、「可愛い」と評判になっています。

そんな井川さんですが、在日韓国人との情報があります。

今回は井川遥は在日韓国人なのか?本名は?さらに旦那子供についても調べてみましょう!

Sponsored Link

井川遥について

井川さんは東京都墨田区出身の41歳です。墨田区といえば下町の印象が強いですが、井川さんには下町感が全く感じられませんね。むしろ世田谷や田園調布育ちと思えるほどオシャレな印象を受けます。

短大を卒業後、一時OLをしていたそうですが辞めてモデルの道に進みました。そして読者モデルなどを経て1999年に「東洋紡水着サマーキャンペーンガール」として本格的に芸能界にデビューしました。

その後は「アサヒビールイメージガール」やグラビアなどモデルとして大活躍します。2002年頃からは女優としてドラマ、映画、舞台、CMと数多くの作品に出演しています。

井川遥は在日韓国人?

結論から言うと、井川遥さんは在日韓国人です。2012年に雑誌のインタビューで自ら話しています。

祖父が韓国人で井川さんは在日3世になるそうです。但し2006年に結婚をした際に、日本へ帰化し日本国籍を取得しています。

アラフォー世代になっても美しい井川さんですが、在日3世だからといって応援する気持ちや見方が変わるなどの事はないですね。

井川遥の本名は?

井川さんの本名「趙秀恵(チョ・スヘ)」(ちょう よしえ)さんです。OLを辞めてモデルになった当初は趙秀恵で活動していました。

情報によると、井川遥という名前は芸能界で本格的に活動する際に改名したようです。今では、すっかり井川遥という名前が浸透していますので、趙秀恵と言われても井川遥さんには結びつきませんね。

井川遥の旦那や子供は?

井川さんは2006年に14歳年上のファッションデザイナー・松本与(まつもと あとう)さんと結婚しました。

松本さんはニューヨーク州立ファッション工科大学を卒業後、1993年にファッションブランド「アトウ」を立ち上げ南青山に店舗を開き、海外でショーや展示会を開催しています。日本のみならず海外から高い評価を得ているデザイナーの一人です。

松本さんはデザイナーとして有名だけではなく、その家系がすご過ぎることで噂になっています。父親である松本冠也さんは,スピーカーや音響映像機器メーカーで有名なパイオニアの元会長で、祖父の松本望さんはパイオニア創業者です。

さらに母親の方の家系をさかのぼると、岩倉具視や徳川家康の孫である松平直良の名前が挙がります。

なんと名家・名門に嫁いだ井川さんですが、松本与さんとの間には女の子と男の子の二人のお子さんがいて、芸能活動のほか、二児の母親として育児に奮闘しているのでしょう。

Sponsored Link

最後に

今回は、朝ドラでピンクハウス風衣装が可愛いと評判の井川遥さんについて、在日韓国人の噂や本名旦那子供について調べてみました。

現在41歳・二児の母とは思えない美貌とスタイルの良さは、同世代の女性の憧れではないでしょうか。

今後の活躍がますます期待されます!

最後まで読んで頂き、有難うございました。

Sponsored Link

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください